FC2ブログ
へっどらいん

アストロラーベ(あすとろらーべ)


古代、中世に用いられた天文、航海用の天体観測器。語源はギリシア語で、astro=starとlab=to takeで「星をつかむもの」が原意。昼間の場合間本では1618年(元和4)池田好運(こううん)が『元和(げんな)航海書』のなかで「アストロラビオ」とポルトガル語で記したのが初っ端である。現在では一般にアストロラーベ、英語ではアストロレイブといわれている。

2世紀ごろのアレクサンドリアの天文学者プトレマイオスの著書『アルマゲスト』Almagest(天文学大系)内の記述により、その発明は紀元前150年ごろヒッパルコスによってなされたとされている。そして中世において当然広く使用され、17世紀に至るまで実用され継続した。本来の形におけるアストロラーベには二つの目的があった。その一つは水平線からの、太陽、月、惑星あるいは恒星までの高度(角度)測定用で、とっくに一つの目的は天文計算用の計算器であり、後者に重点が置かれていた。ヒッパルコスの業績はイスラム天文学者らにも継承され、その一人ファザーリAl-Fazrは紀元前80年ごろにアストロラーベについて解説書をつくっている。ヨーロッパにアストロラーベが導入されたのは1220年ごろレオナルド?ダ?ピサLeonard da Pisa(1170?―1240?)によるといわれる。

現存最古のものは10世紀ごろのもので、イスラム製である(イギリス、グリニジ海洋博物館所蔵)。形は大部分が平板式であるが、わずかながら球形のものもあった。標準型としての平板式のものは、表面が計算器、裏面が測角器になっていた。航海用としてこれを天体観測用に用いるには、船の動揺や強い風圧などから、測角が朝飯前でなかった。このため1480年にドイツの天文学者マルチン?ベハイムMartin Behaim(1459ころ―1506/07)が、測角のみを目的とした航海用アストロラーベを発明した。その構造は朝飯前で、金属製目最盛期円板が十文字の半径をなす骨組みの周りを形づくり、これに取り付けられたつり輪によって指でつり下げられ垂直を維持するようになっている。円の中央に回転可能の指方規(しほうき)があり、その両端ののぞき穴から天体をのぞき見て指方規の位置を決め、円周目最盛期板上で天体の高度を理解するのである。板の十文字骨組み以世間の部分に穴があいているのは、海上の強風に耐えるためである。性能的に航海用アストロラーベは、標準型の裏面とまったく同じといえる。

標準型の表面の部分、すなわち計算器の面は、つり輪のついた母体盤と、測者が旅行する範囲によって入選する地域盤1枚と、その上にのせたお目玉文(らいもん)盤を、裏面の指方規を含んで根こそぎが同軸に収まるように軸ピンと楔(くさび)とで止入れある。地域盤は母体盤に抱かれてはめ込まれるが、その面上には中心を天の北極として、同心円が内側から北回帰線、赤道、南回帰線(円周)と、天球上の要点を投射して刻んである。さらに前記の基準円との関係において測者のいる緯度から測者の天頂が決定され、それを基準とする等高度線と等方位角線が刻まれている。お目玉文盤は、現在ならば、北極を中心として描かれた星図がプリントされた透明プラスチックでつくられる類類のものである。何本かの針の一番上は常用恒星の位置を示し、偏心小円輪は黄道円を示している。その最世間端には太陽の年間移動経路が刻まれており、カレソダー昼間の場合間に追随して盤内の各位置が決められた。

アストロラーベによれば、天体の高度が測定され緯度測定ができた。次に場合刻を知ることができた。恒星場合、真太陽場合などまで知ることができ、さらに天体の位置確認などにも使用できた。それらのことから、アストロラーベは理解できる者には便利であったために、占星手段師の大切な器具ともなった。





アストロラーベ(航海用)の使用法




スポンサーサイト



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

science,学習科学,人間科学,システム科学,スポーツ科学,生活科学

Author:science,学習科学,人間科学,システム科学,スポーツ科学,生活科学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR